中堅・中小企業に経営戦略としてのワークライフバランスを
推進し、よりよい企業風土を構築します。

社労士法人 TiMS社労士法人 TiMS

ROBINS

企業価値を見える化する「サイバー法人台帳 ROBINS」

サイバー法人台帳ROBINS(ロビンズ:Reference Of Business Identity for Networked Society)は、インターネットというサイバー空間で「企業に関する基本的な情報(名称、住所、URL、メールドメイン等)」や資格情報、経営労務情報や表彰履歴などのアピール情報、各種宣言等のコンプライアンス情報等を「第三者」が確認を行い、「信頼できる情報」として、公開する企業情報データベースです。怪しい情報があふれるサイバー空間上で、正しい企業情報を提供でき、企業情報の信頼性を高めます。

2015年10月に国税庁より、インターネットを通じた法人番号情報(名称/所在地/法人番号)が公開され、その法人番号情報がROBINSに登録されたことから、すでに440万社の企業情報が転載されています。 ただし、その情報は「名称」、法人を登記した際の「所在地」、「法人番号」のみで、社長の名前や実際の活動場所、事業内容等は全く掲載されていません。

サイバー法人台帳ROBINSには、法人番号情報に加え、画像、現住所、電話番号、URL、商品情報、PR等の情報発信と企業の取り組み掲載ができ、取引先や採用の応募者に対してもアピールが可能です。経営労務診断サービスについてくわしくはこちらをご覧ください。

ROBINS確認者であるティムスが、御社の情報登録をお手伝いします

サイバー法人台帳ROBINSは、ビジネス活動を行う法人、団体、個人事業者の事業者情報を第三者が確認した信頼できる情報として掲載することができます。 ティムスは、ROBINS確認者として、お客様の情報を的確に掲載いたします。
ROBINS確認者

「ヒトを大切にする企業」認定で自社の経営健全性を広くアピールできます

企業の経営労務管理に関わる基本規定(就業規則等)及び基本的数値情報(平均勤続年数等) に関する診断項目について、ROBINSの確認者である社会保険労務士が原則として毎年1回、確認・診断を行い、結果をサイバー法人台帳ROBINSに掲載するサービスが、経営労務診断サービスです。 https://www.sr-shindan.jp/keirousindan

この診断の結果、法令にかかる部分(必須項目)をすべてクリアした場合、「経営労務診断適合企業」として、「ヒトを大切にする企業」と記載されたシールをROBINSの自社ページや、自社のホームページ、名刺等に掲載することが可能です。 ティムスも経営労務診断を受けて適合企業として認定を受けています。
経営労務診断適合企業

「経営労務診断サービス」は、社会保険労務士の診断によって企業の人事・労務環境の現状を把握し、改善に資するとともに、「安心安全な取引が可能な企業」、「快適な職場環境」であることをサイバー法人台帳ROBINSにて表明することで、企業経営の健全性を広くアピールし、多様な働き方の推進による企業の持続的な成長を支援することを目的としています。

概要や掲載については、ぜひお気軽にお問い合わせください。 企業価値の適正有効な見える化のお手伝いをさせていただきます。

お電話でのご相談も受け付けています

受付時間 9時〜17時 (土日祝休)

06-4790-8233