中堅・中小企業に経営戦略としてのワークライフバランスを
推進し、よりよい企業風土を構築します。

社労士法人 TiMS社労士法人 TiMS

「日本一入りたい」社労士法人を一緒につくりませんか?

フルタイム社員について


仕事内容

将来、当法人の幹部社員となっていただける方を探しています。経験や能力に応じて、お任せする仕事は変わります。
例えば、経験者で即戦力として顧問先様の開拓やご提案、問題解決をしていただける場合はその業務を担当いただきますし、今は全くの素人でも将来的に幹部社員になりたい方は、まず手続きや給与計算の通常業務を覚えていただき、2年ないし3年の教育プランで幹部社員として活躍いただけるよう計画的にキャリアアップいただきます。

求める人物像

・「日本一入りたい」社労士法人を一緒に作りたい人
・当法人の経営理念、行動理念、ミッションに賛同し、同じ方向を向いて働ける人
・チャレンジ精神が旺盛な人
・夢やアイデアがある人
・自分で考えて行動することが楽しいと感じる人
・自己研鑽することが好きな人
・仕事は、お金のため〝だけ″ではないと考えている人
・人の役に立つ仕事がしたい人
・経営に興味がある人
・自分に限界を作らない人
・チームで仕事をすることの重要性を理解している人
・基本的なPCスキルのある人(EXCEL・Word・メール等)

パートタイマーについて


仕事内容

顧問先様の社会保険の手続き(電子申請)や給与計算、その他電話やメールの対応など事務作業が中心です。正確かつ迅速な処理や対応が必要な業務のため、朝メール・夜メールをはじめ、チームで情報共有・見える化をして仕事を進めていただきます。

求める人物像

・「日本一入りたい」社労士法人を一緒に作りたい人
・当法人の経営理念、行動理念、ミッションに賛同し、同じ方向を向いて働ける人
・今は時間的に制約があるけど、「将来はバリバリ働く。今に見ていろ!」というマインドの人
・短時間勤務かもしれないが、時間当たりの仕事は負けないからというマインドの人
・コツコツがんばれる人
・正確かつ迅速に事務作業をすることに自信がある人
・時間管理のしっかりできる人
・人と協力して仕事ができる人
・基本的なPCスキルのある人(EXCEL・Word・メール等)

募集要項


募集職種・雇用形態 フルタイム社員:社労士業務補助・給与計算・ソリューション営業
パートタイマー:社労士業務補助・給与計算
※正社員・短時間正社員への転換制度あり!
勤務時間 フルタイム社員
フレックスタイム
契約時間:所定労働日数×7.5時間
コアタイム:9:30~12:00
フレキシブルタイム:8:00~9:30、12:00~20:00
2017年月平均所定労働時間:151.25時間

パートタイマー
9時~18時の間で3~5時間 週3~5日勤務
賃金 フルタイム社員:150,000円~/月(試用期間の3か月は時給950円)
パートタイマー:950円~/時間(試用期間の3か月は時給900円)
賞与 フルタイム社員:年2回 6月・12月(入社1年目は寸志)
パートタイマー:年2回 6月・12月寸志
昇給 年1回 7月
休日・休暇 土・日・祝日、年末年始他(年間休日123日)
ポジティブオフ制度で、有給休暇消化推奨。時間有給休暇あり。
福利厚生 OCS(大阪市中小企業勤労者福祉サービスセンター)加入、健康診断、インフルエンザ予防接種、 家族同伴の催し(苺大福作り、柚子胡椒作り等)や食事会
教育制度 LCG主催セミナーをはじめとする外部機関のセミナー、社労士会セミナー、大阪商工会議所セミナー他に必要に応じて参加いただきます。社内勉強会あり。育児休業中のセミナー参加可能。
その他法 育児休業実績あり。アゲる会議、カエる会議、good&new、アゲ10、アゲる祭り他。

選考フロー


書類選考

履歴書・職務経歴書を弊社へ郵送ください。 1週間〜10日程度で、結果のご連絡をさせていただきます。

一次面接・CUBIC試験

まず、弊社の簡単なご説明をさせていただき、 ミスマッチがないか確認させていただきます。 その後、受験を希望いただける場合は、CUBICの個人特性と能力検査、 その後にマネージャーとの面接を受けていただきます。 1週間〜10日程度で、結果のご連絡をさせていただきます。

最終面接

弊社の代表と面接いただきます。 初めに代表より弊社の企業理念や経営方針などをご説明し面接となります。 1週間〜10日程度で、結果のご連絡をさせていただきます。

お電話でのご相談も受け付けています

受付時間 9時〜17時 (土日祝休)

06-4790-8233

社員の一日


9:00

出社

まずは「朝メール」を作成し、メンバー全員へメール送信しますます。 これがないと1日の業務が始まりません。
昨日の「夜メール」とスケジュール帳を見ながら、今日の必須タスクを まず何時からどのくらいの時間を使って行うのかを決め、優先順位の 高いものからスケジューリングします。

9:30

朝の会

月曜日は「先週の報告」、火曜日水曜日は「Good&New」、木曜日は「カエる会議」、金曜日は「来週の予定」です。 弊社はフレックスを導入しているので、コアタイム開始の9:30からこれらを行います。

10:00

提案書・見積書の作成

就業規則や労務管理、賃金体系など働き方改革に必要な多種多様なご相談をいただきますので、 それらを解決に導くためのと提案書や見積書を作成します。

14:00

顧問先様訪問

ご提案や定例打合せ会など、事前にアポイントを取って1時間〜2時間の打ち合わせを行います。 実際に訪問し、課題の共有や疑問の解消、また改善のためのご提案などさせていただくことで、 顧問先様との関係性を深め、顧問先様がこれからもっともっと"いい企業”になっていただく お手伝いをさせていただきます。

16:00

手続き・給与計算

顧問先様からメールなどでいただいた手続きを電子申請したり、給与計算をします。 手続きも、給与計算もメインはセルズのソフトを使用しています。
手続きは電子申請できるものはすべて電子申請で行うというのか弊社の方針です。 給与はマニュアルに従い処理をし、2人チェック体制をとっています。 多い時は1人で月70件以上の処理をすることもあります。

17:00

手続き・給与計算

「朝メール」に対して「夜メール」を作成し、これもメンバー全員に送信します。 夜メールでは、朝メールで予定した内容に対して、予定通りできていれば「☆」、 予定外の業務で完了したものは「◇」、予定外の業務で最後までできなかったものは「◆」 予定していたのに最後までできなかったものは「★」とマークを付けます。

これを行うことで、毎日なぜ予定通りできなかったのか?予定の組み方が悪かったのか? 阻害する要因は何だったのか?など毎日自問自答することで、翌日以降のヒントを見つけ 業務の効率化の図っていきます。
計画、行動、チェック、そして次に生かす。まさしくPDCAです。

私たちは育児や介護など時間に制約のあるメンバーが多く、業務の効率化は必須です。 残業をせず必要な業務を網羅し、それにプラスして顧客満足度や売上UPする。
ワークライフバランスは「ゆるい」ものではなく、「厳しい」ものだと体感しながら、 それを体現しています。

17:30

退社

お疲れ様でした。今から駅までダッシュ!ここからは「母ちゃん」の仕事に行ってきます!

先輩の声


マネージャー
小田幸子

「世界一入りたい!」と思われる法人に育てる一員になりませんか?

マネージャーの小田です。
弊社は休みも多く、残業もほぼなく、でも一定以上の成果を求められる厳しくも楽しい職場です (今は女性ばかりですが男性も大歓迎です!)

まだまだここから成長していく法人ですので、社会保険労務士として独立しようと思っている方でも、 少し視点を変えてみて、例えば一人ではできない大きな仕事もチームならやり遂げられるなど、 この社労士法人を「世界一入りたい!」と思われる法人に育てる一員になりませんか?