一般的に不動産業界においては、特に人員の出入りが激しく人間関係が複雑で、従業員の平均年齢が非常に低いといわれています。営業職では過剰なノルマや行き過ぎた指導、いわゆる旧態的な体育会系体質等、パワハラが起こりやすい条件を多く抱える職場環境ともいえます。そのため、人材育成による個々の資質向上やスキルに合わせた適確な業務指導方法が重要です。また歩合制給与体系の不十分な運用で、金銭トラブルに発展しやすいというリスクも考えられます。

離職防止・人材定着率向上対策

新規採用も重要課題ですが、既存社員の定着率向上が本質的な課題解決といえます。職場環境・労働条件の見直しや、人材育成に有効な社員研修カリキュラムの作成等、優秀な人材確保を目的とした効果的な取り組みをサポートします。

特別な労働時間制・適切な賃金システムの導入

歩合制の賃金体系を採用する企業においては、労働時間や残業代は無関係といった誤った認識が多いのが現状です。多額の未払い残業代支払い請求等トラブル防止のためには、適切な労務管理など事前対策が必要です。

管理職向け、一般社員向け研修の実施

パワハラを防止するための管理職向けハラスメント研修や、ハラスメントに対する正しい知識を身につける一般社員向け研修など、ニーズに合わせて実施します。必要があればヒアリング等、ハラスメントの実態調査も行います。

関連ニュース

高校新卒従業員の39.2%、大学新卒従業員の32.0%が入社3年以内で離職