飲食業では個人開業からのスタートが多く、事業拡大などで法人化した際のルールづくりが不十分で、実は法律が守れていなかったというケースも少なくありません。専門性の高い料理人の雇用からアルバイト・パートスタッフの雇用など、雇用形態は多岐にわたり、人員の入れ替わりが多いのも特徴です。また業界特有の師弟関係から、労働時間や賃金に対する認識のズレが生じ、労働トラブルに発展することも。宿泊業では24時間体制のシフト勤務や、休みづらいといった点から離職率が高いという課題も挙げられます。

雇用契約書の作成や内容の見直し

書面で契約を交わすことが重要です。雇用契約書を交わしている場合でも、労働条件や雇用契約の内容が適法かどうか確認しておく必要があります。不十分な場合は多額の未払い残業代を請求されるなどトラブルに発展するケースもあります。

長時間労働・雇用形態の見直し

サービス業では長時間労働の改善が最重要課題といっても過言ではありません。労働時間で換算すると途方もなく高額な残業代が発生することも。人員や複数の雇用形態を効率的に活用し、残業が発生しない取り組みをサポートします。

働き方、休み方の見直し

業務のムダを省いた効率的な働き方への取り組み、休める環境を整える取り組みなどをサポートします。働き方・休み方の見直しは、従業員のモチベーション向上、人材の定着につながり、会社としての生産性向上にも大きく関わります。

労働条件の設定

サービス業の中には労働契約が適している業種もあれば、業務委託契約が適している業種もあります。雇用を労働契約にする際は、どういう賃金体系がいいかなど、労働条件設定の仕方等もサポートします。